ブログ

横浜市旭区で『家電リサイクル対象商品』の処分でお困りのかたはお任せ下さい


『家電リサイクル法』とはいったいなんでしょうか?一般家庭や事務所から排出された家電製品、エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機から、有用な部分や材料をリサイクルし廃棄物を減量するとともに資源の有効利用を推進するための法律です。処分の際は、家電リサイクル法により消費者は不要になった廃棄物を適切に引き渡す必要があります。消費者は廃棄物のリサイクル手続きを、その家電を購入した店または買替えを購入する店に求めることができますが、家電を購入した店に手続きを求めることが困難な場合は、最寄りの小売店でも手続きができる場合があります。消費者の負担する料金は、『小売店の収集・運搬料金』+『メーカーのリサイクル料金』です。ただし、小売店ごとに収集・運搬料金が、製造業者等ごとにリサイクル料金が異なるためご確認が必要となります。
           recycle

家電リサイクル法の目的とは

一般家庭から排出される使用済みの廃家電製品は、その多くが破砕処理の後に鉄などの一部の金属のみ回収が行われている場合があるものの約半分はそのまま埋め立てていました。しかし、埋め立て地には限界があります。また排出される家電製品の中には、再び利用することができる有用な資源がたくさん含まれています。クリーンな環境をつくるために資源の再利用を促進し、廃棄物を減らす。そこから『家電リサイクル法』が全国一斉に施行されました。
         

家電リサイクル法・対象となる商品

冷蔵庫エアコン洗濯機
家電リサイクル法で定められた以下の商品は、市や区の行政では回収してはくれません。これらの家電製品を処理するには、その製品を購入した小売店か、新しく買い替える場合にはその販売店に引き取りの義務があります。その他、家電リサイクル券を購入し、自ら搬入しなくてはいけません。
リサイクル料金は、各メーカーがリサイクルに要する費用として設定していますのでメーカーや機種により、料金が異なりますのでご確認が必要になります。
当社ではどんな不用品でも回収いたしますので、処分に困った際はど相談下さい。また年式が新しいものなどは買取出来る場合もございますのでご連絡下さい。

  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ式)
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県/a>│埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県

* 対応エリア:大阪府京都府兵庫県

* 対応エリア:鳥取県島根県岡山県広島県山口県



ページ上部へ戻る